2021-02-21

EXM U12スクールであったとてもいいお話

今日、福山市ではミニバス新人戦があり各ミニバスに所属をしている子たちは朝から2試合をこなしとても疲れているだろうから今日のスクールにはこないだろうなぁ‥と思っていましたが3名のミニバスキッズが練習しに来てくれました。

疲れてる仲良く来てくれたね、今日はどうだったん?

少し雑談してじゃあ今日はミニの子たちは走るメニューは無しにしてドリブルのコーディネーションとステップを何種類かやろう!中学生はハードワークでいくよ!!w

そんな感じで進めていって・・ディフェンスのフットワークを中学生、ミニバス組は疲れがあるからこうしよう!

ホワイトボードに今日個人として、チームとしてよかったところをたくさん書きだしてみて

すると・・・

この子達一人は4年生、後の子はまだバスケット始めて間もない2年生ですよ!これだけ振り返れてるだけでもう素晴らしいし成長です。

反省会はよくさせるけど良かったところの書き出しなどチームでされてますか?私はあまり子供に反省をさせないように心がけています。反省はネガティブになりがちです。日本人のいい所か悪いところか・・・自分の悪いところは言えてもいいところは言えない人が多いです。だから今までコーチさせて貰ってきた子たちには良いところを必ず言ってもらうようにしています。そのうえで何が足りなかったを振り返るように促しています。

そしたらこう言いました。

2試合目ではリバウンドをたくさん取られてなかなかシュートを止めれなかったん

凄くないですか?自分たちでもう課題を見つけてる・・・指導者がリバウンド取れ!!と怒らなくても十分子供たちはその重要性を経験し練習したいと思っています。だから指導者は段階に応じて少しずつ負荷を変えながらリバウンドドリルを作ってあげればいいんですよね。

もしこのブログを読んでくださって良いなと思ってくれる人が増えたならきっとバスケが好きな子供が増えると確信しています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です